読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間の無い社会の為のサッカー、フットサル考察&実践 blog

社会人になってからでもサッカー、フットサルは上手くなることを証明する為に、日々の練習とサッカーについての事象や考え方を掘り下げて行きます。

ノスタルジーについて

サッカーと全く関係ありませんが、最近感じたトピックスを1点。

ようつべで様々な映画の予告編や名シーンを見ていた際に、ALWAYS 3丁目の夕陽とクレヨンしんちゃんのオトナ帝国の逆襲の2作品が改めて心に残り、FILMARKSでレビューを見ていてノスタルジーのもたらす効果について考えさせられました。

2つの作品の視聴者の多くの方の感想は、3丁目は名作だがノスタルジーに浸るだけ、オトナ帝国はノスタルジーを感じさせながらも、これからの未来を生きて行こうというメッセージが分かりやすく込められているとのことでした。

ノスタルジーという単語について調べてみても、明日を生きる為の活力にする為に懐かしさを上手く利用したり、自分の志の原点や支えてくれている人の存在を確かめる目的で使うことは非常に効果的であるとの記事がありました。しかしその反面持っているパワーが非常に強い為、そこから抜け出すことが困難になる場合もあるとのこと。

昔の友人と会うと決まって懐かしい話に花を咲かせることが有りますが、あくまで今後の人生を生きる糧としての材料であることを意識することと、できるだけ未来や現状についての話をすることを意識するようにしたいです。

サッカーをする時も同様で、昔の良いプレーの感覚を持ちつつ、自分が属しているチームに不満を持つのではなく、自分自身でどうやってチームを勝たせることができるのか、その時々で何を学ぶことができるのかというポジティブな思考、今を生きる思考を無意識にできるように自分自身の感覚をコントロールできるようにしたいと感じました。