読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間の無い社会の為のサッカー、フットサル考察&実践 blog

社会人になってからでもサッカー、フットサルは上手くなることを証明する為に、日々の練習とサッカーについての事象や考え方を掘り下げて行きます。

サッカーと仏教

https://muster.jp/course/412/

 

サッカーと仏教において共通する考え方の記事が有り、共感する部分が多かったのでピックアップ。

 

最近意味が気になる言葉の1つで、マンガのファンタジスタのオランダ人監督が言っていた

「サッカーにおいてはパスが言葉となりうる。一流のプレイヤーは言葉を交わさずともパスの強さやコースで意思疎通を図る。」

上記の意味を前より深く考えています。

というのは、日々個サルに精を出していると、どうしてもレベルがあまり高くないチームに入ってしまうことがあります。今まではそんな時はプレーが適当になったり、自己中なプレーに走ってしまうことが多かったのですが、ある日思いやりのある人は優しい相手を気遣うパスが出せるのではないかとふと思った瞬間が有り、そんな中で再度この言葉に出会いました。

極論かもしれませんが、サッカー・フットサルをやる中で、相手のことを考えた上で自分の最大限できる思いやりのこもったパスを出すことを意識することは、自分自身の人間性を更にレベルアップさせる為に必要な気がします。更に相手がミスをした場合でも、自分がこうすればそのミスは防げたかもしれないと常に自分自身に問いかけることが、仏教における「利他」的な考え方と共通すると思います。